関西パテ加工 / 遮熱コート 600g

型番 KANSAIPATE-SYANETSU
商品名 関西パテ加工 / 遮熱コート 600g
販売価格
2,516円(税込)
購入数
_缶
施工前施工前 施工後施工後

特長

  • 最大約10℃、ガラス付近の温度が低下します。
    (規定の塗布量をつけたものと、何もしていないガラスとの比較です。)
  • ガラスに塗るだけですりガラスになり、プライバシーの保護になります。
  • 必要がなくなった場合、簡単にはがすことができます。
  • 水性塗料ですので、臭いが少なく、取扱いが容易です。

    概要

    使用可能な場所 透明ガラスの平らな面(室内)
    使用不可能な場所 自動車のガラス・凹凸のあるガラス・雨が直接かかる場所・高温多湿の場所・結露のひどい場所。
    容量 600g
    塗布量 180g〜200g/平方メートル (1缶で約3平方メートル)
    乾燥時間 25度 約5時間
    塗装 ローラー(中毛)

    使用方法

    塗装方法 ローラー
    塗り回数 1回
    標準塗付量 180〜200g/m2・回
    塗布面積 3平方メートル/缶
    乾燥時間 約5時間(25℃)
    ※この数値は塗付量、温度、湿度、通風および素地の状態によって異なります
    施工手順
    (1) ガラスをぞうきん等で水拭きし、ガラス面の汚れを落とします。
    (ガラスに油汚れなどがある場合は、完全に除去してください。汚れが残っていると、遮熱コートがはがれにくくなります。)
    (2) マスキングテープをガラスの周りに貼ります。
    (施工する場所以外に遮熱コートが付かないようにするため。)
    *汚れ防止
    (3) 規定の塗布量が付くようにガラス全体に遮熱コートを塗っていきます。
    (ガラスはローラーが滑りやすいので、あまりローラーをガラスに押さえつけないようにして塗っていくと、施工がやり易くなります。)

    * 規定の塗布量を塗りやすくするコツは、事前に施工するガラスの面積を測っておいて、その面積に必要な量だけをバットに入れて、使い切るようにするとやりやすくなります。
    (4) ガラス全面に塗布できたら、均一にするために上から下まで、ローラーを転がしてください。
    (このときも、あまりローラーをガラスに押さえつけないようにして、ローラーを転がしてください。)
    (5) ガラスの周りに貼ったマスキングテープを、遮熱コートが乾く前にはずして出来上がりです。
    遮熱コートをはがす場合
    (1) 遮熱コートを水でしっかり濡らしてください。
    (2) シールをはがすようにめくると写真のようにはがれていきます。
    *塗膜がかすれていたり、薄くて切れてしまう場合は、ヘラ等でかきとってください。その際、ガラスを傷つけないように注意してください。

    注意事項

  • 施工は室内側から行ってください。
  • 施工前には、ガラス面をぞうきん等で水拭きして、汚れ、油分を除去してください。
  • 5度以下での施工は避けてください。